2017年1月度勤務予定スケジュール

taxi-driver-logo

10390011_895689007196299_1220384253675049222_n

2017年1月度勤務予定スケジュールが決まりました

実際に会社から配られる出勤予定表は、縦に長い表なのですが、自分なりにエクセルで作成してみましたkarennda

何故勤務形態を変えたのか?

今月から、会社に希望を出して、日勤勤務に変更してもらいました

タクシードライバーという仕事は、その勤務形態に幾つかのバリエーションがあります

その詳細は、当サイトの別の章(ページ)で詳しく解説しておりますので、ご参照下さい

>>>タクシードライバー勤務形態

2016年4月1日からタクシードライバーとして勤務して、約8ヶ月が過ぎました

当初の勤務形態は【隔日勤務】という勤務形態で、1回の出勤で二日分働きます

私の場合は、家を朝の5:30頃出て、丸々24時間働いて、帰宅するのが翌日の朝5:00頃になります

こんな勤務形態でした

この隔日勤務と言うのが、一般的にはタクシードライバーとして働く場合のオーソドックスなスタイルです

この勤務形態のいいところを考えてみると

1、出勤日数が少ない

2、従って、通勤に伴う通勤費が安上がりですむ

3、明け公休を入れると、公休日が多い

4、自分の時間が捻出しやすい

5、日中の勤務と夜の勤務が連続している

6、その時間帯の特徴を把握して作戦が立てやすい

こういった利点があると思っています

ですから、タクシードライバーの新規募集企業広告を見ると、これに関連した記事が沢山載っています

年収も増えて、自分の時間も沢山取れる様になって幸せです!・・・・といった記事です

これは、決して誇大広告ではなくて、実際問題事実です

でも、24時間連続で働くのは、個人差はありますが、私の場合は、脳(頭)の疲れ的には少し無理がありました

どうしても、タクシードライバーとして、年収600万円を目指したいので、その為にかなり頑張ります

8ヶ月経験ドライバーなんて、まだまだ未熟者ですから、その為の作戦も幼稚なアイデアしか浮かびません

とにかくタクシー車両を走らせて、数多くお客さんに乗車して頂くしか、その方法を知りません

そうすると、視力もそうですが、頭(脳)がいずれ限界に達します

その時間が、いつも20:00頃なのです

そこで、考えたのが、毎日出勤して、12時間働いて、その都度帰宅し、また翌日に出勤するというスタイルでした

夕方の17:00位を目安に税込で30,000円も目標にします

その後、19:00位を目安に35,000円を達成する事が、コンスタントにできる様になってきました

この様な経緯・背景・経験をもとに、隔日勤務から毎日出勤の日勤勤務に変更しました

その活動状況は、ブログ形式にて、このサイトで毎日加筆・配信していきたいと思います
gugurua





10390011_895689007196299_1220384253675049222_n

 

毎月の給与明細も公開しています

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
  1. タクシードライバー毎日の日記

    タクシードライバー日記VOL5
  2. タクシードライバー毎日の日記

    タクシードライバー日記VOL61
  3. タクシードライバー毎日の日記

    タクシードライバー日記VOL76
  4. タクシードライバー毎日の日記

    タクシードライバー日記VOL81
  5. タクシードライバー毎日の日記

    タクシードライバー日記VOL34
PAGE TOP