タクシードライバー毎日の日記

タクシードライバー日記VOL106・2019年9月17日(火)

ws000000



2019年9月17日(火)連休の二日目です

何か月間も、新規投函をサボってしまいました。

今日は、休日の二日目ですが、また今日からコツコツ新規日誌を加筆していこうと思います。

一般的に、普通二種免許で稼げる職種は二つあると思います。

一つが、今僕も従事しているタクシードライバーの仕事

もう一つが、運転代行という仕事です。

僕は、先入観で運転代行の仕事は、そんなに稼げない職種だと感じていました。

でも、いまお世話になっているタクシー営業所で、毎月売り上げがトップ3に入るドライバーさんが先月転職しました。

タクシー業界で相当に成績がいい先輩が転職したのです。

その、転職先が運転代行業界でした。

今日は、僕が実体験してみた運転代行業界の実態について、僕なりの感想をシェアーしてみます

運転代行業は稼げるのか?

その方がタクシー営業所に在席中、あまり面識はなかったのですが、毎月の営業収入で好成績を維持しているという話は聞いていました。

そして、組合の役員も兼任していて、人柄的にも誠実な方だという認識はありました。

そんな先輩ドライバーが、タクシーを止めて、転職し、転職先が運転代行業界だという噂が僕の耳にも入ってきました。

しかも、単なる偶然なのですが、その運転代行の営業所が僕の自宅のすぐそばだったのです。

時々、近くの神社へお祈りに行ったり、早朝ジョギングをしている途中で、その運転代行の車両は昔から時々見かけていました。

どうしても、運転代行のビジネスモデルが知りたくて、面接に行きました。

面接を担当してくれたのは、その会社の社長さんで、とても感じの良い40代の男性でした。

その場で採用になり、翌日から勤務する事になりました。

勿論、タクシー業が僕は好きなので、タクシーの空いている時間帯での副業として位置付けです。

試に、二日間という条件で、採用してもらいました。

結論から言うと、実際に運転代行業で働いたのは、二日間だけですが、とても勉強になりました。

実際に従事してみて、僕が感じた運転代行業のメリットとデメリットを書いてみます。

運転代行業の時給

①意外と大都会ではなくても需要はある

運転代行業はそんなに需要がないのではないかと思っていたのですが、結構需要はありました。

実際に、お客さんの車を運転したのが、研修二日目の日曜日だったので、曜日的には一番需要が少ない曜日でしたが、19:00~翌朝3:00までに3万円程の営業収入がありました。

少し、驚きました。

先輩に聞くと、大体日々の営業収入=お客さんから頂く税込収入で、4万円~5万円位は平均してあるそうです。

代行業には、お客さんの車を運転する担当者と、その車の後を追いかけていく担当者の二人一組でペアーを組みます。

・お客さんの車を運転する担当者=二種免許が必要で、取り分が40パーセント

・お客さんの車に追従する担当者=一種免許でOKで、取り分が35%

ざっと、こんな収入歩合になっています。

他の代行業者も大体同じようなシステムの様です。

只、この会社の場合は、ガソリン代は二種免許担当者が全額自腹で給油します。

ですから、例えば4万円の営業収入の場合は、

40,000円×40%=16,000円の利益になりますが、ガソリン代が大体3,000円くらいかかりますから、手取りで13,000円となります。

そこから、保険代として毎回1,000円引かれますので、最終12,000円位が一日の手取りになります。

拘束時間は、大体19:00~翌朝5:00までがモデルケースなので、一回の出勤時間は約10時間という計算になります。

そう考えると、時給換算で1,200円といった相場が、運転代行者で二種免許保持者の手取り額になります。

二種免許所有者が、時給≒1,200円が多いのか少ないのかは、その人の捉え方によると思いますが、僕はタクシー業の方が効率はいいと実感しました。

運転代行業のビジネスモデル

運転代行業のシステムは意外と単純です。

人件費経費は大きく三つあります。

1、二種免許担当者経費=40%

2、一種免許担当者経費=35%

3、配車係人件費=その日の総営業利益の6%

合計≒81%になります。

ですから、総売り上げの19%が会社の利益になります。

例えば、一日3組のドライバーが出勤した場合、40,000円×3組=120,000円の営業収入です。

120,000円×19%=22,800円という計算になります。

このペースで1か月間稼動すると、22,800円×30日間=684,000円が会社の粗利益いなります。

土地を所有していたり、格安で駐車場を借りられる条件があれば、ビジネスとしては成り立ちそうです。

比較的、参入しやすい事業の為、夫婦で開業している人も昔は多かったようですが、今は随分警察の縛りもきつくなってきたという事でした。

僕が実際に二日間だけ、実験的に従事してみた感想は以上ですが、やはり夜間だけとは言え、睡眠時間を削ってまでも、頑張る業種ではないと、結論として感じました。

様々な環境条件がそろっている人は、ビジネスとしては面白いとも感じました。

実際に、この業界にタクシーから転職した先輩は、のれん分け制度の条件で頑張っていました。

毎日3組のドライバーを採用・準備できれば、オーナーとして収支が見込めると判断したとの事でした。

タクシー業は、気力が一番大事な職業です。

こんな貴重な異業種の経験をした上で、改めてしばらくは本業のタクシー業をこつこつ頑張ろうと決意を新たにした次第です。

直近の給与明細

※画像を左クリックすると、少し大きめの画像が表示されます

これが、2019年8月度給与明細です。

一番直近のデータになります。

今月の結果

税込営業収入              846,910

支給合計                540,302

歩率                  63.8%

控除合計                95,551

差引支給額               444,751

勤務体系                 隔勤

勤怠所定数                26

労働日数                 26

欠勤数                    0

有給残                   12

 

8月度という、お盆期間があったにも関わらず、公出勤務もして自分なりに結構頑張った一か月だと振り返ってます。

総支給額で、久しぶりに540,302円の、僕的には大台の収入を得る事ができました。

この積極的な気持ちを維持して、今月、来月も頑張ろうと再認識しました。

運転代行に、一時的に関心があって、実際に二日間だけ実体験してみましたが、やはり稼げるという意味では、二種免許ではタクシーという業種が一番自分には合っていると再認識しました。

qz3gkdazicyz17d1477895549_1477895903

下記サイトも私が執筆・運営管理しています

タクシードライバーとして、仮眠を摂らずに戦い続ける為に!

睡眠を科学する 自分にとって最適な睡眠環境を知り充実した毎日を過ごす

suiminn

瞑想とは? 瞑想の仕組みとその具体的な実践方法とその効果について分かり易く解説してみました

meisou

このワードプレステーマは大変便利です

WordPressテーマ「MAG(TCD036)」

実際にこのサイトもこのテーマを使って作っています

ピックアップ記事

  1. タクシードライバー日記VOL41
  2. タクシードライバー日記VOL51
  3. タクシードライバー日記VOL35
  4. タクシードライバー日記VOL32
  5. タクシードライバー日記VOL6

関連記事

  1. タクシードライバー毎日の日記

    タクシードライバー日記VOL52

    2017年2月17日(金)隔日勤務(一回の出勤で二…

  2. タクシードライバー毎日の日記

    タクシードライバー日記VOL78

    2017年4月22日(土)隔日勤務(一回の出勤で二…

  3. タクシードライバー毎日の日記

    タクシードライバー日誌VOL111・2019年10月1日(火)

    本日の営業成績今日から10月度が始まりました。都内は最高気温が…

  4. タクシードライバー毎日の日記

    タクシードライバー日記VOL11

    2016年11月24日(木)隔日勤務(一回の出…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

タクシードライバー限定転職支援サイト

お気軽にお問い合わせ下さい

女性ドライバー限定転職無料支援サービス

毎月の給与明細も公開しています

最近の記事

  1. タクシードライバー毎日の日記

    タクシードライバー日誌VOL114・2019年10月9日(水)
  2. タクシードライバー毎日の日記

    タクシードライバー日記VOL36
  3. タクシードライバー毎日の日記

    タクシードライバー日記VOL39
  4. タクシードライバー毎日の日記

    タクシードライバー日記VOL96・2017年6月11日(日)
  5. タクシードライバー毎日の日記

    タクシードライバー日記VOL51
PAGE TOP