タクシードライバー毎日の日記

タクシードライバー日記VOL103・2017年6月28日(水)

ws000000



2017年6月28日(水)隔日勤務(一回の出勤で二日分≒24時間)

新しい月間7月度が始まり本日が6回目の出勤です

今日は、いつもの様に8:00の点呼を受けて出発し、5件目の実車扱い中

後から同業者タクシー車両に追突されてしまいました

僕は赤信号の停車中でしたので、100対0 の被害事故扱いになりましたが

僕の車両に乗車中のお客さんはその場で救急車で病院に運ばれてしまいました

僕は、その場の事故現場検証終了後、車両は継続して営業ができる状態ではなくて

僕自身も自宅近くの病院に行く為に、その日はこれで業務終了となりました

車両を何とか、自走させて修理工場に運び、その後営業所にて事故報告書を提出して帰宅

その足で、近所の病院で診断してもらいました

事故の内、特に被害事故で休業するという話は聞いた事はありましたが

まさか、自分がこの様な事故に会い、仕事を休む運命に出会うとは思ってもみませんでした

でも、タクシードライバーという仕事は、出勤時には250㎞から350㎞くらいの距離を走ります

しかも、都会の真ん中をエリアとして走行しています

そんな出勤が毎月12回もあります

当然、事故に会う可能性も一般ドライバーよりは高確率で高くなって当然です

起きてしまった事はもうしょうがないので、この経験をシェアーしたいと思います

詳細は、これから作る別の章で詳しく解説していきます

タクシードライバー被害事故で休業する際の手続きと休業中の保証について

という題目にしようと思っています

実際、この日記を書いているのが2017年7月8日(土)ですが

被害事故に会った日から丁度10日間が経過しました

首と背中と視力の治療を受けていますので、事故当日からは出勤していません

相手方の保険会社の担当者と連絡を取りながら、必要書類を提出しつつ、通院の毎日です

首回りの違和感は払拭できない状態ですが、日常生活にはそれ程不便は感じていません

会社の責任者からは、無理しないでじっくり療養して下さいと言われているので

焦らずに、通院しながら今後の復帰の目処をたてていこうと思っています

こちらに落ち度はなくても、もらい事故の可能性が高いのがタクシードライバーという仕事です

今回実際に経験した体験を、今後の為にすべて公開していこうと思っています

この様な背景で会社を休んだ場合、給与の保証はどうなっているのか?

等々、僕自身も初体験ですので、時間軸に沿ってその記録を残していきます

そのページが出来上がったら、このサイトにUPしていきたいと思います

>>>勤務中に被害事故に遭遇した際取るべき行動

今までの数値の累計等、詳細はこのページの最後の方を参照して下さい


タクシードライバーという仕事は、一言でまとめると

※1回の出勤で≒40,000円くらいは稼げる

※毎月12回しか出勤しなくていい

※同時に毎月18日間も休日が確保できる

こんな利点がある職業です

この職業を本職として頑張ってもいいし、副業と捉えて、ご自身の本業の収入面での支えにしてもいいし、何かと応用が利く仕事だと僕自身は捉えています

実際に、タクシードライバーという仕事を初めて、1年間が過ぎたので、今年のGW期間中は有給を取得して、8連休ゆっくり休みながら、自分を見つめる事ができました

僕の場合は、家業があるので、毎月18日間もある休日で、その仕事は充分にこなせています

そして、何とか月収で450,000円は稼げるまでに成長したので、家族に対しての金銭的な責任は、タクシードライバーとしての収入でカバーできる様になりました

GW明けからは、また事故・違反に充分留意しながら、毎月12回の出勤をコツコツ頑張りたいと思っています

タクシードライバーとして、やっと一年間が経ちましたが、この一年間の振り返りについては、別の章(ページ)にて詳しく書きましたので、興味がある方はこちらもご一読下さい

特に給与面等の数値面からの切り口で、一年間を振り返った内容になっています

>>>一年間を振り返って・・・

タクシードライバーとして一年が経過したのですが、何とか毎月450,000円位の給与所得の安定感は感じられる様になってきましたが

同時に、【安定感】と言う意味での、この仕事の難しさもひしひしと感じていますこの管理表から分かる様に、去年の11月度くらいから数値に安定感を感じていますが

直近の数値を見ると、5月度と6月度がやや低迷気味です

5月度は、タクシードライバーとして初めて4日間の有給休暇を所得してみましたが

この作戦は失敗でした

有給休暇を所得しつつも、やはり総支給額で450,000円を確保できないと意味がありません

次回以降の、有給休暇取得条件に加えていきます

1月度は単月のみ凹んだ数値になっていますが、この月は昼間のみの【日勤】を試しにやってみた結果です

昼間のみの日勤は安定感があり、確実に稼げるのですが、毎日出勤する必要がありそのこと自体僕には向いていませんでした

結果として4日間も欠勤してしまいましたが、いい経験になりました

タクシードライバーという仕事は、絶対に【隔日勤務】体制に限ります

この事がハッキリ実感できただけで、1月度の経験は充分に報われました

今までの足取りをグラフでも管理していますいずれにしても、毎月450,000円位の給与所得を維持していければと感じています

最終目標は年収600万円なので、この450,000円という給与所得では達成できません

でも、1年間という長い挑戦ですから、先ずはこの額を安定的に確保しながら、あと少し足りない分は深夜時間帯の工夫で乗り越えてみたいと感じています

タクシードライバーという仕事は、やはり少し特殊で、特に視神経を酷使します

日々の体調管理で、この疲れはなるべくその日の内に克服したのですが

年末年始・お盆・GWといったカレンダー上の特別な期間中はできれば有給を活用して連続してお休みしたいです

一年間の内、このカレンダー上で3回ある特殊な期間は、思い切って有給を活用して休日を確保する作戦で今年は望みたいと思っていますが

初の有給休暇取得のGW期間中の反省点を踏まえて慎重に判断していきます

それでは、本日の【偉人の言葉】です

この言葉も昔から大好きな言葉です

今日の様な被害事故も全く予測できない

不幸に思える出来事や

ラッキーな出来事に遭遇したり

人生のある部分は自分でコントロールできない

幸運と運の違いを分かり易く物語風に教えてくれる書籍がある

この本程、二つの違いについて教えてくれる書籍を僕は他に知らない

>>>お求めはこちらからGood Luck

偉人の言葉

人生と言うものは、

思わぬ時に道がひらけたり、

閉じたりするものだ。

武者小路実篤/日本の小説家、詩人、劇作家、画家 / 1885~1976)

このサイトのタクシードライバー日記は、毎日の乗務記録を詳しく記録しています

この様な100%個人的な日記を、ウェブ上で公開しているサイトは他にありませんが、これからタクシードライバーを目指している方々にとっては、参考になる内容となっていると思います

この日記を読んで、タクシードライバーとして収入がUPするとか、そういう短絡的なものではなくて、少しだけ先にタクシードライバーになった男の仕事の毎日の日記を読むことで、タクシーという仕事の実態が少しでも伝えられればという気持ちで公開しております

今は、アマゾンさんが商品を空から運ぶという様な、画期的なアイデアが実際のビジネスとして実現する時代です

自動車分野でも、どんどん、人工頭脳化が採用されていっています

もしかしたら、そんなに遠くない将来には、本当の人間が運転するタクシーという仕事は世界中から姿を消してしまうかもしれません

今から数十年後には「昔は人間が運転するタクシーというサービスがあったんだってよ!」という会話が、未来の人たちの間でかわされている事と思います

そんな、気持ちもあって、このタクシードライバー日記を、勤務があった翌日に記録として保存しています

又、個人的には実際に、この日記を管理する事で、私自身もタクシーという仕事の分析を数値的にもきちんと管理できますので、次回の勤務や翌月の勤務の行動改善・目標数値設定の役に立っています

今日から、昼間日勤勤務にてタクシードライバーとして働き始めたので、基本この日記は休みの日以外は毎日の配信になります

実際に1年近くこのサイトを運営してきましたが、この毎日記事を追加配信していく行為の難しさを早くも実感しています

要は、自分で決めた約束事に対する実行力の足りなさが全ての原因なのですが

このサイトの運営を通して、自分に負けない強さを養っていこうと思っています

ご意見・質問等ございましたら、お気軽にメールにて問い合わせ下さい

48時間以内には必ずお返事させて頂きますので・・・

2017年7月度勤務予定スケジュール表

今日から、このカレンダーの様に、【隔日勤務】体制で勤務します

この勤務カレンダーを見て解る様に、今月も12回しか勤務しません

タクシードライバーという仕事特有の、隔日勤務体制では

勤務明けの明け公休が12回あり、その他に普通の公休日が6日間あります

その二つを合計すると、18日間もお休みが取得できます

この沢山の休日取得が可能なのは、タクシードライバーという仕事特有の利点です

入社して半年すると、この有給休暇は付与されますが、一年間を計画的に過ごす為に、有給休暇も計画的に消化していけます

一般的な会社は、この有給休暇が取得し難い風土の会社もありますが、タクシー会社は皆さん伸び伸びと取得している様です

一年間の内、年末年始・GW・お盆といった日本特有の特別な期間は、タクシードライバーとしては心身を休める絶好の期間です

有給休暇を有効に所得して、給与の安定も図りながら、自分の将来の為の下ごしらえもコツコツやっていきます

今月も、健康管理と将来の夢の為の準備に、この自由時間を有効に生かしていければ理想的なのですが・・・

ここでも重要になってくるのはやはり自分との戦いです1rarpmox2a07y5k1478406913_1478407111

日々の勤務終了時に乗務員日報が印刷されます

この乗務員日報を公開しますので、本日の結果としての、総営業収入等の基本的な数値が解ります

データにカーソルを合わせて左クリックすると、画像が少し大きくなり、見やすくなります1rarpmox2a07y5k1478406913_1478407410

お客さんをどこで乗せてどこまで案内したのか、場所と時間が解ります

乗務員日報から抜粋した基本的なデータ

※天気    晴れ

※出庫時刻  08:23

※入庫時刻  11:53

※総営収   8,960

※税金    660

※税抜総営収 8,300

※営業回数  5

※走行距離  33.9kmypex1ktfrrjmsut1479181218_1479181368

その日の運転の状態を空車時と実車時で評価されています

今日は仕方ありませんkyoukunn-bitmap

今日一日を振り返って感じた事を一言で表現すると・・・

この様な運命に出会う可能性がある仕事ですmhn35srxhbxg1qa1477890611_1477890697lfzm_wbiaxhqpg61479007788_1479007868

毎日の営業数値を管理して当月着地予測しますlfzm_wbiaxhqpg61479007788_1479008971

棒グラフでも見やすく管理していますgugurua




qz3gkdazicyz17d1477895549_1477895903

下記サイトも私が執筆・運営管理しています

タクシードライバーとして、仮眠を摂らずに戦い続ける為に!

睡眠を科学する 自分にとって最適な睡眠環境を知り充実した毎日を過ごす

suiminn

瞑想とは? 瞑想の仕組みとその具体的な実践方法とその効果について分かり易く解説してみました

meisou

このワードプレステーマは大変便利です

WordPressテーマ「MAG(TCD036)」

実際にこのサイトもこのテーマを使って作っています

ピックアップ記事

  1. タクシードライバー日記VOL76
  2. タクシードライバー日記VOL63
  3. タクシードライバー日記VOL86
  4. タクシードライバー日記VOL104・2017年9月8日(金)
  5. タクシードライバー日記VOL14

関連記事

  1. タクシードライバー毎日の日記

    タクシードライバー日記VOL29

    2016年12月30日(金)昼間日勤勤務(昼間毎日出勤して12時間…

  2. タクシードライバー毎日の日記

    タクシードライバー日記VOL28

    2016年12月28日(水)昼間日勤勤務(昼間毎日出勤して12時間…

  3. タクシードライバー毎日の日記

    タクシードライバー日記VOL56

    2017年2月26日(日)隔日勤務(一回の出勤で二…

  4. タクシードライバー毎日の日記

    タクシードライバー日記VOL10

    2016年11月22日(火)隔日勤務(一回の出…

  5. タクシードライバー毎日の日記

    タクシードライバー日記VOL34

    2017年1月6日(金)昼間日勤勤務(昼間毎日出勤して12時間働く…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

毎月の給与明細も公開しています

最近の記事

  1. タクシードライバー毎日の日記

    タクシードライバー日記VOL95・2017年6月9日(金)
  2. タクシードライバー毎日の日記

    タクシードライバー日記VOL56
  3. タクシードライバー毎日の日記

    タクシードライバー日記VOL36
  4. タクシードライバー毎日の日記

    タクシードライバー日記VOL59
  5. タクシードライバー毎日の日記

    タクシードライバー日記VOL63
PAGE TOP